画像1: 社長メッセージ

取締役社長
取締役社長

プロダクトとデジタル技術を融合し
ひとりひとりに笑顔のある暮らしと
サステナブルな社会を実現

私たち日立グローバルライフソリューションズは、生活者のQoL(Quality of Life)向上とサステナブルな社会への貢献をめざしています。
これらを実現するために、「ひとりひとりに、笑顔のある暮らしを。人と社会にやさしい明日を。私たちは、未来をひらくイノベーションで世界中にハピネスをお届けします」をパーパスに定めました。このパーパスを基軸として、さまざまな環境活動を推進しています。

画像2: 社長メッセージ

日立グループでは、「2024中期経営計画」において、「データとテクノロジーでサステナブルな社会を実現して人々の幸せを支える」ことをめざす姿として掲げています。また、環境長期目標の達成に向け、「GX for GROWTH(お客さまと社会の脱炭素化)」と「GX for CORE(日立グループ内の脱炭素化)」という2つを柱とするグリーン成長戦略を策定しました。
当社は、日立グループのなかのコネクティブインダストリーズセクターの一員です。プロダクトや技術といった当社がこれまで培ってきた事業基盤とデジタル技術を融合して、サステナブルな価値を生み出すとともに、循環型モノづくり企業へと変革することを「2024中期経営計画」の大きな柱に掲げています。また、環境分野においても、国内外のパートナーとのオープンな協創をより一層積極的に進めていきます。

具体的には、資源循環型社会に対応したモノづくりの強化による、サステナブルな社会の実現への貢献をめざした取り組みを進めています。環境に配慮した製品設計に注力するとともに、製品をより長期にわたって使用していただける仕組みづくりや、資源循環を促進する新たなリサイクル技術の開発などを強化していきます。
脱炭素化に向けた取り組みとしては、2030年度までに自社の事業所(ファクトリー)において温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルを実現し、2050年度までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを実現することをめざしています。高効率機器の導入によるエネルギー消費量の削減や、太陽光発電システム設置による自家発電量の増強、再生可能エネルギーの購入などに取り組むとともに、お客さまの製品使用時におけるCO2排出量削減に貢献する取り組みを加速していきます。今年の8月に施行されたフロン排出抑制法改正に対応する空調ソリューションを迅速に提供するなど、社会のさまざまな環境課題の解決に取り組んでいきます。

環境に配慮した製品の拡大や再資源化率の向上、リカーリングビジネスの立ち上げなどによる循環型モノづくりに取り組むとともに、自社およびお客さまのCO2排出量削減を推進することで、私たちは、プラネタリーバウンダリーを超えない社会づくりの一翼をになっていきます。

This article is a sponsored article by
''.